ロンロン&ドンキーワールド


パートナー犬ロンコとチワワのマコのブログです。
by donky_lonlon_2
カテゴリ
全体
ロンロンの散歩:春
ロンロンの散歩:夏
ロンロンの散歩:秋
ロンロンの散歩:冬
ロンロンのお出かけ
本明川のいきものと植物
ドンキーの花
ロンロンの友の輪
新年の挨拶
ロンロンの生い立ち
ロンロンのご主人
ドンキーの仲間たち
おばさんのつぶやき
チワワのチーコ
トップ
チワワのマコ
未分類
メモ帳
お気に入りブログ

<   2005年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

諫早の水はどうなってる?

ロンロンが毎日走りまわっている本明川の上流に、ダムができるらしいのです。このダムは治水と利水の多目的ダムだというのですが、この金不足の時代に巨額のお金をつぎ込むのなら、せめてムダなダムにならないでほしいという願いと、利水のことを今まで考えたこともなかったので、ドンキーの仲間たちといっしょに勉強することにしました。               ↓本明川河原を走りまわっているロンロン2004年6月
c0025171_18142012.jpg
今回、諫早の利水と治水について私たちに教えてくれたのは、高谷さんという1級設計士の方です。資料は11月28日に開かれた「本明川水系河川整備計画(原案)公聴会」に参加した際、高谷さんがまとめたものだそうです。資料はB5版26ページで、8ポイントぐらいの文字で、文字、表、グラフがびっしり詰まっていて、作業所ではめったにお目にかかれない学術的なものです。

この資料を使い、ドンキーの仲間たちの話をはじめた時は、”みんな、難しくて居眠りしなければいいのに・・・・・”と心配したのですが、高谷さんの話し方とその性格にもよるのでしょうか、仲間たちは話されている内容を理解しようと、真剣な表情でページをめくっていました。漢字があまり読めないであろうメンバーも数字はわかるので、きちんとそのページを開いて聞いていたのには感動すら覚えました。もちろん、ロンロンも静かに聞いて?いました。3回ほど話をしている高谷さんの側に寄っていっていましたけどね。

内容を話すと長くなるので止めますが、利水についても、治水についても、さまざまな条件を加味して考えていかないといけないことに気づかされました。特に、人口の推移は、少子高齢化社会に突き進んでいる諫早(日本)では、増加を前提にした計画ではムダになるだけです。

小泉内閣の財政担当者が、日本はこのまま進んでいけば、5年先には大変なことになると、いっていましたが、それなら、”なぜ大型公共事業にど~んと予算がついてしまうのか”理解に苦しみますよね。ちなみに、諫早湾の調整池の水質保全や再生対策に64億円も要求しているらしいというのですから・・・

結論をいえば、本明川のダムを巨額のお金をかけて造る前に、もっと取り組むべきことがあるということです。人口が減少していく中で、これからの世代にそんな借金を残したくないですよね。直接、自分とは関係ないという人もいますが、ひとりの地域住民として、あなたもドンキーの仲間たちといっしょに考えてみませんか?

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-21 22:37 | ドンキーの仲間たち

1年2ヶ月前のロンロンとその兄弟

ロンロンは、2003年10月7日(盗難の日)に生まれましたが、この写真は生後50日ぐらいのものです。夜は寒かったこともあり、おばさんの家の玄関に連れてきて育てたのですが、寝る時は5匹が重なるようにして、眠っていました。動き回ってお乳を飲んだ後は、ちょっとさわっても、目覚めることもなく、おなかを上にして、前足はまげて、まるで赤ちゃんみたいに眠っていました。下の方にいるのがロンロンです。
c0025171_100138.jpg

人間のパートナーになる犬を育てるためには、母犬も仔犬も安心して人間とかかわれるような場面を設定することが大切なのかもしれません。母犬のノンノもその子どもの5匹も、幸いにも、近所のおばさんたちや、隣の乳児園の子どもたちから、本当にかわいがられました。そのせいでもあるからでしょうか、ロンロンは今でもおばさんたちや小さなこどもたちを見つけると、無条件にしっぽを振って喜びます。そして、小さな子どもたちやおばさんたちに、頭をなでられたり、身体にさわられたりするのを喜んでいます。時には、アーケードを通る子どもづれの母親が、わざわざ、ロンロンめあてにドンキーに立ち寄りこともあります。その中には、犬と遊ぶだけでは申し訳ないと、パンを買っていく人もありますけど・・

ドンキーのホームページに、仲間たちの新年の目標などを書いてのせているのですが、ロンロンの分はご主人が書いたのでしょうが、確か”ドンキーのりっぱなマスコット犬になることと、店に来るお客様に挨拶ができるようにすること”が書いてありました。ロンロンの教育係りを自称しているおばさんにとっては、これも2005年のやりがいのある仕事のひとつになりそうです。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-19 10:01 | ロンロンの生い立ち

犬5種混合ワクチン6300円


 きょうは寒いので、おばさんはロンロンとご主人を、リフト車で迎えに行ったのですが、近くまで行くとロンロンがリフト車を見つけて、車めがけて走ってくるのです。”バカなロンコ~” 以前、車にひかれそうになってからは、車がきたら道の端でじっとしていることを学習していたのに、いつも乗せてもらうリフト車には、その学習が習得されていないようです。急ブレーキをかけたので、後ろから来ていた車には、迷惑をかけてしまいました。赤い車の運転手さん、ごめんなさい。

 電動車椅子のご主人をリフトに乗せていたら、「ロンロンを予防注射に連れて行ってほしい。」と、頼まれました。ロンロンかかりつけのペットクリニックからのハガキ連絡によれば、5種混合ワクチンを今週中に接種に来てほしいと書いてありました。5種とは、犬ジステンバー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、犬パルボウィルス感染症だそうです。おばさんが40年前に飼っていた犬は、役場の狂犬病予防注射しかしなかったので、5種類混合ワクチンといわれても、聞いたこともないものもあり、よくわかりませんけど、一応連れて行くことにしました。ご主人の大賀さんにいたっては、5種類のワクチン名を読みあげたら、「ぼくもロンロンから移されないように、インフルエンザ予防注射をうたなければ・・・」というぐらいですから、その理解の程度は知れたものですね。電話で5種混合ワクチンとやらの値段を聞いて見ると、なんと6300円ということでした。生活保護世帯のご主人にとっては、また、また、予定外の大きな出資です。

 ペットクリニックにロンロンを連れて行って予防接種をする時は、一応は押さえていたのですが、注射を打たれても別に抵抗もせず、診察台から降りてからは、いつものようにひとりでスムーズにリフト車に乗ってくれました。今ごろは、ご主人といっしょにゆっくりとテレビでも見ていることでしょう。
[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-17 20:07 | ロンロンのご主人

♪犬はよろこび、庭かけまわる♪


 日中の最高気温7度とラジオでいっていましたが、たぶん風が吹いている本明川の川辺はもっと低い温度になっていることでしょう。そんな寒い日に(北国では暖かい日でしょうが、ここ長崎地方では、非常に寒い日なのです。)、ロンロンは川の中にはいって座り込んで気持ちよさそうに水を飲んでいるのです。最近のロンロンの楽しみは、本明川に渡ってきている小鴨をおいかけて川岸や浅い川の中をおもいっきり走り回ることです。

 いつもの昼休み時間のロンロンの散歩、きょうは休みにしたい気分でしたが、ロンロンが目と前足で散歩を要求してくるので、しかたなしに出かけることにしました。やっぱり、思ったとおり頭の中まで寒く、マフラーを頭からかぶってしぶしぶとロンロンに付いていったのです。しかし、ロンロンの方は、寒さと相関するかのように元気で、ビーグル犬のような走りで川原の枯れ草の中を勢いよく入ったり出たりして嬉々と走りまわるのです。3回目の成人式まであと2年のおばさんには、そんなロンロンがちょっとうらやましくもなったものです。

 小さい頃のロンロンは、兄弟の5匹の中でも一番小さく本当に寒がりで、ちょっと寒いとぶるぶる震えてウロウロしている他の兄弟犬を尻目に、母犬のぬくもりの感じるところにうずくまっていました。昨年はそんな状態でしたから、2回目の冬である今年もそうだろうと、ご主人の大賀さんは冬を迎える準備として、通販でかわいい洋服を買ってくれたのですが、その洋服も必要でなくなったようです。

 ロンロンはご主人の電動車椅子につながれてドンキーにくると、まずトイレをかねた散歩のため、10分ほど川原を自由に散歩します。その日によって、よく走り回る時もあれば、トイレを済ませた後、川原の内堤防のところで見ているおばさんのまわりでウロウロしているだけの時もあります。「ロンコ~、かえるよ。」と言えば、堤防の階段のところに戻ってきて、アーケードを通り、約60メートルほど離れたドンキーに一緒に帰ります。

 2回目の散歩は、主におばさんの昼休みを利用して、40分ぐらい出かけます。ロンロンは室内で飼っているので、川の中を走って泥だらけになった後は、必ず体を洗わないと入れてもらえません。いつもは、ホースから水道水を汚れた体や足のかけながら洗ってあげるのですが、さすがのロンロンも、きょうばかりは水をかけられると足を上げてちょっと嫌がりました。しかし、その後はいつものようにおとなしく洗わせてくれました。散歩後のロンロンの一連の手入れが終わって、暖房の効いている部屋に戻る頃には、零下10度のソウルの寒さの中でバスを待っていた十数年前のことが脳裏に浮かんできて、冷え切った体がますますガチガチになったように感じました。寒い思い出が寒さを倍増したようです。当のロンロンは、きれいに拭いてブラッシングしてもらった後、牛乳を飲んで満足したのか、メンバーの電動車椅子の足元にある自分の座布団上で、気持ちよさそうに眠っていました。
 
[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-13 17:53 | ロンロンの散歩:春

これでいいの? 小規模作業所


 国の障害者福祉政策は、近年、どんどん変わってくるので、普通にありのままにくらすことだけを考えているおばさんの作業所にとっては、国の新しい施策を理解するだけでも、アップアップしてしまうのです。といっても、ドンキーワールドのような小規模作業所は、国の障害者福祉政策の外にある、いわゆる、無認可の施設なんですけどね。

 重症心身障害者施設での勤務からはじめて、障害者の福祉・教育の分野でのおばさんの37年間を振り返ってみると、このドンキーワールドは一番小規模な施設で、財政的にもなんともたよりのない施設ですけど、ここに通ってきているメンバーの顔は今までの施設や養護学校や地域で出会った障害児・者よりも、一段と輝いているように見えます。

 それでは、これでいいのかというと、今のドンキーワールドの生活が、これからも保障される理由はひとつもないのです。おばさんはこの37年の中で、法人の常務理事や施設長などの管理職と呼ばれるものや、養護学校の教員や、障害児の幼児学級などでも、直接障害者と関わる仕事をしてきました。思い出してみると、いづれの立場でも忙しい毎日だったように思います。しかし、今のドンキーワールドでの仕事量にくらべれば、かなり余裕のある生活でした。昨年から、障害者の指導員がひとり加わりましたが、朝夕の送迎から、パンなどの仕入れ、販売、メンバーの指導、事務処理、重度の身体障害者のトイレなどの介助、さらには作業所の掃除までをこなしていくには、時間も体力も並大抵のものではないのです。今は健康にめぐまれ、ほんとうに楽しみながら働かせてもらっていますが、自分が作業所に来れなくなったらどうなるかを考えると、ふっと目の前が暗くなってきます。すべての作業所とはいえないでしょうが、今の作業所の運営は、指導員に大きな負担の上に成り立っているといっても過言ではないのです。

 作業所に通ってくるメンバーにとっては、きょうがよければそれでよいかもしれませんが、作業所を運営しているものは、その状況をよりよくする使命があります。作業所で輝きはじめたあの顔を曇らせない努力が求められるのです。でも、今の精一杯の現状で、これ以上のことを求められても、どうにもてなりませんよね。

 そこで、この国の障害者福祉政策を勉強して、解決策を見出したいと思うのですが、最初に書いたように、なにやら、どんどん難しい福祉政策になってきて、本気で勉強しなくてはならない状況になってきました。できるだけ、研修会に参加したり、勉強会をしたり、施設見学をしたり、仲間の施設同士であつまって国会署名活動などにも参加したのですけど、やればやるだけ、ますます忙しくなってしまい、作業所でメンバー達と過ごす時間が少なくなってしまうのです。このジレンマをどう乗り越えて、本来の目的をはたすか? 今年は、おばさんの生き方そのものが問われる年になりそうです。 そっちこっちを突っ突いていたら、卵が生まれたということになればいいのですけどね。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-09 10:00 | おばさんのつぶやき

ロンロン 署名・募金活動に参加


c0025171_23213243.jpg

 2004年12月5日は、全国のきょうされん会員ががんばるDAYの署名と募金運動をしました。ドンキーの仲間たちも諫早アーケードに出て、道行く人たちに署名と募金を呼びかけました。この写真は、その日のものですけど、右側が畑山裕さん、左がご主人の大賀誠さん、その間にすまして座っているのがロンロンです。
 ロンロンは、募金箱をもった大賀さんの横にじっと座って通り過ぎる人びとを黙ってじっとみていました。別に教えもしなかったのですけど、みんなが署名や募金活動をしているのをみて、自分も参加しているといわんばかりに緊張した様子できちんと座っていました。そんなロンロンに声をかけていく通行人もいるのですが、頭をなでられたりしてもそれに反応せずに、ご主人の方をみるだけでした。そんなロンロンの姿に、私たちの方が感心してしまいました。  写真を撮る時も、カメラに目線をあわせて、きれいにおさまっていました。きょうは、ロンロンの黄色のバンダナが、不思議にりっぱに見えました。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-08 23:41 | ドンキーの仲間たち

ロンロンのおかあさん-その1

c0025171_1412368.jpg
ロンロンのおかあさんはホワイトテリアの雑種で、昨年(2004年)の9月22日までは、いわゆるノラ犬でした。
 9月23日、その日は秋分に日でした。ドンキーのおばさんは、犬用の首輪やリード、そして、エサをホームセンターから買ってきて、ロンロンのおかあさんの飼い主になることに決めたのです。おばさんの家の車庫に2ヶ月ほど前から寝泊りし、エサをあげてなついていたとはいえ、日中は自由の動き回っていたノラ犬ですから、つながれることには抵抗があるのは当然ですね。


 ところで、ドンキーのおばさんが、”どうしてこのノラ犬を飼うようになったか?”を書いておく必要がありますね。この続きは、「ロンロンのおかあさんーその2」を見てください。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-08 12:27 | ロンロンの生い立ち

動物とのパートナー


ココナッツをとるサルと老人
1月5日夜9時30分からのケーブルテレビ:アニマルプラネット「サルが収穫するココナッツ」は、ひとりの老人が幼いサルを一人前のココナッツ採りになれるように育てた感動のドキュメント番組でした。はじめに、水中カメラでサルの泳ぐ足とお尻が映され、「これはなんか?」と思っていると、嬉々としてココナッツを運んでくる水上のサルの顔が映しだされました。このサルをあやつっているのは、見た目には貧相ですがやさしそうな目をしている小柄な老人でした。

この南の島(名前は忘れてしまいましたが・・)は女系家族で、一般には妻が田畑を耕し、夫はココナッツ採りなどをして生活していて、決定権も妻が握っているというところです。ですから、この社会では妻に遺産が引き継がれるのです。ある日届いた妻の遺産荷物の中に、幼いサルも混じっていました。妻はこのサルを売って、水牛を買うことにきめたのです。この島では、ココナッツを上手にとるサルが高く売れるのです。老人も、若い頃はココナッツをとるサルの訓練をしていたので、このサルを育てることにしました。もちろん、それは、このサルを高く売って水牛を買うるためにです。サルにひもをつけていますが、同じ食卓につかせ、家族の一員として育てます。何にもわからないサルにココナッツの選び方、まわしてもぎ取る方法などを、気長に繰返し教えていくのです。この老人とのかかわりの中で、はじめ不安そうにしていたサルの目が、やさしい老人の目に似てくるのが印象的でした。

結果的には訓練も順調にいき、この島で開催されたサルのココナッツとり大会でサルの実力は認められ、買われていってしまうのです。なんともいえない気持ちで、サルを売られてしまい虚脱状態で子ネコをなでている老人の映像を見ていると、画面がひとりで田植えをしている妻の映像にいれかわり、その後、再びサルと一緒にココナッツとりをしている老人の映像で終るのです。妻が水牛をあきらめてサルを買い戻したというナレーションが流れると、湖畔でココナッツとりをしているサルと老人の喜びが伝わってくるようでした。

このドキュメントを見て、パートナーとしての動物との関係についてあらためて考えさせられました。ロンロンと大賀さんの関係、そして、ロンロンとわたしたちドンキーの仲間たちとの関係も、このパートナーという考えに基づいているように思いました。

つまり、お互いに相手の立場を認め、相手を尊重することで、生活そのものが生き生きとしてくるということです。大賀さんがロンロンを家の中で飼うようになってから、体調をくずして寝込むことが極端に少なくなったのも、この考えで理解できるのかもしれません。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-06 13:46 | ロンロンのご主人

ロンロンの紹介


ロンロンは毎日作業所に通ってくる1歳のメス犬です

2005年正月休み、ドンキーのおばさんは、ブログなるものに挑戦することにしました。とにかく、毎日が忙しい小規模作業所ドンキーワールドの中で、1匹のワンコーと作業所のメンバーたちが日々織りなす人犬模様を、他の方々にも伝えたいと思い、更新するのが簡単ということで、ブログに取りかかったのです。作業所のメンバーの車椅子のところがロンロンの仕事場です。


c0025171_20535821.jpgロンロンは、2003年10月7日(盗難の日)生まれた5匹の犬のうちの1匹です。今から、1年2ヶ月前になりますね。(ロンロンの生い立ちや兄弟の犬たち、母犬のことは、少しずつ書くようにしましょう。) ロンロンの新しいご主人になったのが、小規模作業所ドンキーワールド店長の大賀さんだったので、ロンロンは物心がつき、電動車椅子の脇をうまく歩けるようになった5ヶ月目ぐらいから、毎日、ご主人の電動車椅子につながれて作業所に通ってくるようになったのです。

今年は、元旦、二日、三日と寒い日が続いているので、ロンロンは寒がって外に出なくて困るというメールがドンキーのおばさんのところにはいってきました。ちなみに、ロンロンとそのご主人は、現在諫早に住んでいて、ドンキーのおばさんは、冬休みに期間は、諫早から約90キロも離れた福岡に来ているのですが、Eメールでいつも連絡できるのですから、手は出せませんけど情報量では隣家にいるのと同じようなものですね。

[PR]
by donky_lonlon_2 | 2005-01-04 18:16 | ロンロンの生い立ち


最新の記事
みんなと一緒に行ってきました
at 2017-09-30 11:59
もう秋だよ
at 2017-09-09 13:09
初秋のピンクヒガンバナ
at 2017-08-24 09:42
猛暑  酷暑
at 2017-08-20 22:00
野生化したミドリガメ
at 2017-08-02 16:39
6月12日 月曜日 きょうの..
at 2017-06-12 15:13
真夏のようなゴールデンウイーク
at 2017-05-05 16:22
菜の花とだいこんの花
at 2017-04-16 20:43
桜と菜の花
at 2017-04-05 15:50
春がきたよ!
at 2017-03-13 23:15
外部リンク
記事ランキング